トイレの交換も水漏れ修理業者に依頼すると安心

トイレは日常生活に不可欠ですが、いずれは劣化しますし、最悪の場合は水漏れや詰まり、汚水の逆流といったトラブルもありえます。修理で直るレベルであれば応急的にしのぐのも一つの選択ですが、ある程度寿命が来たらトイレの交換に踏み切る決断が必要になります。では交換する際の製品の選び方や業者の選定はどうしたらよいのでしょう。

■トイレの寿命と交換時期

トイレの交換を行う目安は一般的に10年程度と言われていますが、家族構成や使用状況、トイレの堅牢性によって違いがあるので交換時期は一概には言えません。しかし何度もトラブルが発生するようであれば交換するのが長い目で見ても経済的ですし、何より精神的に安定します。
最近の製品は節水効果の高いタイプや自動清掃機能がついたタイプなど製品が多様化しているので、製品選びに迷った場合はどのようなものを選べばいいか業者へ相談して決めることをお勧めします。


■新しいトイレを選択する時の注意点

問題はトイレを入れ替える際に要する費用です。トイレ交換に必要な経費を分けると、便器とタンクセット、止水栓やフランジの交換など設置するために必要な工事費、さらに不要になった古い便器の処理費の3項目になります。トイレ便器とタンクセットは廉価版か高級品化でかなり差があります。一番気を付けるべき点は排水管の位置です。床排水タイプと壁排水タイプがあり、古い便器と異なるタイプを選んでしまうと床工事なども必要になります。




■まとめ
トイレの取り付け直後は、水漏れなどが発生していないか念入りにチェックすることが大切です。何かトラブルが生じた場合はすぐに業者に連絡すれば修理対応してくれますし、新しいトイレ本体自体が初期不良品であったということもゼロではありません。その際は速やかに交換してくれるはずですから、連絡先は捨てずに保管しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ