シンク下の水漏れの原因は?パッキンを交換して修理する方法

■シンク下で水漏れが起こる主な原因について

台所のシンク下は、排水口から繋がる排水トラップがあり、排水ホースを通って下水管へと接続される構造になっています。それぞれの接続部分から水漏れが起こった場合、その大半がナットの緩みかパッキンの劣化が原因です。
パッキンをそれぞれの接続部分に挟むと隙間が埋まり、しっかりと噛み合うようになります。パッキンは、素材の性質上時間と共に経年劣化が起こり、寿命は10年程と言われています。家を建ててから一度も換えた事がないという家庭においては、水漏れを発生させない為にもパッキンの状態を確認してみましょう。ホームセンターなどで簡単に入手できる部品であり、工具さえあれば簡単に交換できます。予備を用意しておけば、水漏れが起こって修理が必要な時も、慌てず冷静に対処できるでしょう。

■パッキンを交換する前に行う準備

パッキンの交換に備えて新しいものを購入しておく場合、必ず大きさや型番、メーカーを確認し、同じ商品を入手するようにしてください。パッキンは設置場所やメーカーによって商品が異なるためです。また、スパナやレンチなどの工具があると、色々な水道修理に使えて便利です。
パッキン交換の作業をする前に、まずはシンク下に収納している物を全て外に出して、何も物がない状態にしましょう。そして、下にバケツを置いたり雑巾をおいて水漏れによる汚れを防ぎます。念のためナットの締まり具合を確認し、緩みが原因でない事も確認してください。止水栓を閉めて、水を一旦止めてから作業を開始します。

■自分でパッキンを交換して修理する手順
最初に排水口下、次に排水トラップ下という順番で接続部分のナットを緩めます。ナットが固い場合、無理に外そうとすると破損の原因になりますので修理作業は慎重に行う必要があります。排水トラップを外す際、中に残った排水が出てくる可能性があるため、あらかじめ受ける用のバケツを置いておくと安心です。
排水トラップに取り付けられている古いパッキンを外した際、接続部分が汚れている場合は、雑巾で拭いてゴミがない綺麗な状態にしておきましょう。新しいパッキンを取り付けたら、排水トラップを元の状態に戻して交換作業完了です。
最後に水漏れがおさまっているかを確認する必要がある為、シンク下の排水トラップ周りを綺麗に拭いて水気のない状態にします。止水栓を開いてシンクに水を流し、問題が無ければトラブルは解消された事になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ