お風呂場の水漏れの修理

■蛇口の水漏れ

お風呂場の蛇口は、水漏れトラブルが起こりやすい場所のひとつです。その多くは、蛇口に使われているゴムパッキンの劣化が原因となります。ゴムパッキンは各部品の接続部分に使われており、隙間を埋める役割をしますが、これが劣化するとゴムの柔軟性が失われるため隙間を埋めることができなくなり、水が漏れてきます。水漏れを起こしている蛇口を観察したとき、各部品の接続部分から水漏れしているようなら、ゴムパッキンが原因となっている可能性が高いでしょう。ゴムパッキンを外して手で触ってみたとき、硬くなったり黒い汚れが手に付いたりしたら、交換時期のサインです。
ゴムパッキンの交換は、やろうと思えばドライバーやウォーターポンププライヤーなどの道具をそろえれば自分でもできます。ただし、自宅の蛇口のタイプが壁付きか台付きか、また蛇口の形状などを調べて、それに合ったやり方を行う必要があります。修理の際は、必ず水道の元栓を閉めてから行いましょう。

■シャワーの水漏れ

お風呂場のシャワーヘッドからぽたぽたと水が漏れてくるケースや、ホースから水が漏れるケースがあります。修理の前にまず、原因となっている箇所を特定しましょう。シャワーヘッドを上に向けて置いて観察してみます。それでも水が漏れるようなら蛇口に原因があると考えられます。ホースや接続部分などから水が出ていればその部分の修理や交換が必要です。水が漏れてこないなら、内部に残った水が出てきているだけでしょう。構造上少しは水が残るものですので、シャワーヘッドやホースの水を完全に抜いてみて、水漏れがおさまったら修理しなくても大丈夫です。
蛇口やホース、接続部に問題がありそうなら、修理が必要です。経年劣化や破損など、場合によっては部品を新しいものに交換することも視野に入れた方が良いでしょう。

■浴槽の水漏れ
お風呂の浴槽は、経年劣化すると少しの衝撃でもひび割れが起こりやすくなり、そこから水漏れが起こる場合があります。市販の補修用品で一時的に水漏れを止めることもできますが、これはあくまでも応急処置的な修理になるため、新しい浴槽への交換も検討しましょう。
浴槽内の排水口をふさぐゴム栓が硬くなって劣化していると、完全に水をせき止めることができなくなり、水が少しずつ流れていきます。この場合は、ゴム栓を新しいものに交換すれば解決します。ゴム栓を購入する際は、古いゴム栓を外してお店に持っていき、同じものを買えば間違いないでしょう。ただし、そもそも古いゴム栓が変形し、浴槽の排水口のサイズに適合しなくなっている場合があります。ゴム栓を交換しても直らないなら、業者を呼んで調べてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ