水漏れトラブルは修理業者へ相談しよう

■給水管からもしも水が漏れてしまったら

水漏れによるトラブルは突然やってくるので慌ててしまいますが、万が一のときに役立つ予備知識があるだけでもだいぶ違います。たとえば、給水管から水が漏れるトラブルに見舞われたとしましょう。
その原因はいろいろありますが、水回りで使われている部品には寿命があります。例えば給水管を繋ぐために使用している部品のひとつであるゴムパッキンは、素材によって違いがあるものの、寿命はだいたい5年から15年と言われています。それ以上経ってしまうと劣化によって固くなり、ボロボロと壊れたりヒビが入ってしまいます。部品のつなぎ目から水が漏れないための役割を果たしていますので、それが壊れてしまうと水が漏れてしまいます。部品の交換修理が必要になりますが、水道修理業者に相談すれば解決してもらえます。

■水が漏れたときの対処法

給水管から水漏れトラブルが起きたときは、早めに修理の相談をすることが大事です。しかし、今現在の状況からこれ以上被害が大きくならないためにも、まずは止水栓を止めるようにしましょう。給水管はキレイな水を流すところなので、止水栓を閉めることで家の中に流れ込んでいる水を一時的に止めることができます。これによって水漏れの被害を食い止めることができるので、給水管の水漏れを見つけたときは、止水栓を止めて応急処置をするということを理解しておきましょう。
止水栓は水道水の使用メーターがあるところに設置されています。蓋を開けてみるとメーターの文字盤の上のあたりに止水栓があるので、それを閉めると家中の水を止めることができます。

■衝撃による水漏れもある
土の中や床の中、壁の中などにある給水管は、自然災害のような衝撃を受けると、それによってヒビなどが入ってしまいます。一番わかりやすいのが地震です。大きな規模の地震であれば、一度で亀裂が入ってしまうこともありますし、小さな地震が何度も頻繁に起こると、その都度衝撃を受けてしまい、衝撃の蓄積によって亀裂が入ることもあります。
また、管そのものが古くなって壊れやすくなることもあります。老朽化は自然な流れで起きてしまうものなので、いくら気を付けて生活をしていても防ぐことはできません。一般的に10年から15年が寿命と言われているので、可能であれば定期的に点検を依頼してみてください。修理業者では修理だけでなく点検を請け負っているところもありますから、早めに相談をして話を聞いてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ