水漏れ修理を自力でやる際に必要な知識と方法

住宅の設備でとりわけ重要なものの一つは水周りです。キッチン、トイレ、バスルームで水が溢れたり出なくなったりすると途端に生活が困難になるからです。業者へ依頼しても駆け付けてくれるまで一定の時間がかかりますし、自力で解決できるケースもありますので、対処できる方法を知っておくといざという時に役に立ちます。

■水漏れが起きるケース原因

水道 修理が必要となるような水漏れトラブルが家庭内で発生する原因はおおむね5点に集約されます。長年使用している場合は、水道管本体の経年劣化が疑われます。水道本体は金属製が多いので腐食します。また地震などで折損したりすることもあります。パッキンの破損もよくある原因です。これも老朽化が進んだり強い圧力がかかると破損しやすいです。水道は一直線に構成されているわけではないので、随所に水流の方向を変える接合部があります。これをしっかり締め付けているナット類も振動や圧力で徐々に緩み漏水の原因となります。


■自分でできる応急的水漏れ修理の方法

まず止水栓を止め、被害拡大を防ぎます。止水栓は時計回りに回すと締まります。逆に回さないようにしましょう。業者を呼ぶ場合も、まずは止水栓を締めてから連絡を行います。次に、目に見える部分の配管や蛇口の接続部分が緩んでいないかを確かめます。ナットなどの接続部を締め付ければ漏水が止まることがあります。また、止水栓が開きすぎていると勢いが強すぎて漏水することもあります。いったん止水栓を止め、適切な調整をすれば問題が解決する場合もあります。



■まとめ
漏水トラブルが起きるのは必ず原因があります。日ごろから発生しやすい原因を知って起き、可能な限りメンテンナンスをこころがけることでリスクをある程度低減できます。それでも漏水が起きてしまったら、自力でできることは慌てずに対応し、それでも解決できないような状態であれば水漏れ修理の専門業者に速やかに依頼することが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ