水漏れしたときの修理や交換のポイント

■水を止めてから安全に作業する

水漏れの修理をする場合には、問題のある個所を見つけるところからスタートします。どこに問題があるのかによって、処置の方法が変わってくるからです。水道管など給水側に問題があるなら、水が吹き出してくる恐れがあります。水の供給をいったん止めてから作業しなければ、安全に修理ができません。
水を止めたのちには、部品を外したりする作業に入ります。水漏れ修理は、どの部品が傷んでいるのか見極めて交換をする必要があります。適応する部品に付け替える作業が必要になるので、必ず同じものを用意します。サイズ違いや似たような形状のものもあることから、購入する際には十分注意して間違わないようにするのが大切です。

■配管の長さは要注意

水漏れで修理や交換をする場合には、水を止めても配管内には圧力がかかったままです。必ず圧力を抜いてから作業をするのが重要ですが、それでも管内には水が残っています。そのため、作業する場所は養生しておきます。ブルーシートなどを敷いておけば、バケツを置いたりしても濡れません。タオルも多めに用意しておくと、何かあっても周囲を濡らしたりしないで済むため安心です。
配管を交換するばら、長さの確認がポイントになってきます。既製品で交換できる場合もありますが、加工が必要な状況もあるため、事前にチェックが必要です。ネジを切ったりするような加工をしたら、シールテープを巻いて水漏れを防止する処置を行います。塩ビ管などの場合には接着するケースもありますが、密閉できるように丁寧な施工をするようにしましょう。すき間ができたりすれば、そこから漏れてしまうからです。


■時間がないなら業者に交換してもらう
水漏れの修理では道具をそろえて経験も必要になりますが、あまりに手がかかるときには、業者に交換をしてもらった方が良いでしょう。水回りの設備は確実に使える状況が求められます。水道設備などはかなりの圧力がかかるため、施工に問題があり弱いところがあれば、力が集中して短期間で漏れ出す可能性もあります。
業者に依頼すれば、交換はもちろんのこと、施工に対する補償も受けられます。しっかりした施工をしてもらえると後からやり直さずに済むので、時間を節約したいときにも依頼してしまったほうが良いでしょう。
自分で修理してみたものの、どうしたらいいのか分からないときや、うまく収まらないようなら、被害が広がってしまう前にできるだけ早く決断するのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ