水漏れした際の修理方法

■吐水口の水漏れ修理方法

水が漏れている時は、早めの対処が必要です。吐水口からの漏れは、ケレップという部品の劣化の可能性がありますので取り替えることが大切です。コマを取り替える時は最初に止水栓を締め、その後にカバーナットを取り外してください。ナットを取り外す際に頼りになるのがモンキーレンチであり、様々なサイズのナットを取り外すことができるため、事前に購入しておくと便利です。
カバーナットは外部から見える部分ですので、キズがつかない注意しておきましょう。ナットを外したら、コマをピンセットなど使って持ち上げます。新しいコマと取り替え、水栓上部を締め直せば完了です。コマは小さな部品ですので、初めて行う方はなくさないように慎重に行いましょう。締め直しは取り外した時と逆の方法、右回しで締めます。吐水口の修繕は自分でもできますが、不安な方や自信がない方は修理業者に相談して対処してもらいましょう。

■ハンドル下部の水漏れ修理方法

ハンドル下部の場合、ナットのパッキンの劣化が考えられますので、まずはハンドルのビスを外しましょう。ビスの種類にもよりますが、薄く平たいものは取り外しにくいこともありますので慎重に行います。ここで無理に取り外そうとして力を入れると、ビスの目が潰れることがあります。ビスの取り外しができれば、ハンドル部分だけの引き抜きが可能です。
ビスが外れたら、次は劣化したパッキンを新しいものと取り替えます。パッキンは使用頻度が多いと、その分、経年劣化が進みやすいので、日頃から揃えておくといざという時に便利です。なお、パッキンはホームセンターなどで購入することができます。

■吐水口下部のパイプ根元からの水が漏れ修理方法
水漏れとしてアルパイプ根元が原因である時は、パイプと吐水口とを繋いでいるパイプナットを緩めます。水栓が閉じた状態で行うので、パイプの根本を修理する時は止水栓を締めなくても大丈夫です。ナットが緩くなったら、パイプを引き抜いて新しいパッキンと交換します。なお、パッキンと一緒にパイプストッパーなども交換しておくと安心です。
交換が終わったらパイプをつけて、パイプナットを締め直しましょう。その後、通水テストをして問題なければ完了です。吐水口下部のパイプ根元などは、普段あまり意識して見ない人も少なくありません。一度水が漏れてしまうと、被害が拡大してしまうこともありますので注意しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ