水漏れ修理を業者に依頼するときの注意点

■まずはどこが問題箇所か特定する

水漏れが発生しているのなら、速やかに業者に修理を依頼すべきです。この時どこでどんな問題が起きているのか伝えられるようにしておきましょう。例えば蛇口の場合、吐水口で発生しているのか、壁との接続部分から染み出しているのかによって作業内容も変わります。トイレの場合でもタンクからなのか、便器から床に漏れているのかでもやるべき修理内容も変わってきます。
また、蛇口やトイレの場合、使用しているメーカー名や品番などもわかれば伝えておくとスムーズです。業者としても、交換用の部品を準備して現場に急行でき、迅速に作業を完了できるからです。古いものだとメーカー名や品番がわからないことも出てくるでしょうが、その場合には、その旨伝えれば問題ありません。

■わかりやすく場所を伝えておく

水漏れ修理を行う場合、自宅にスタッフが急行します。住所を伝えることはもちろんですが、何か周りに目印になるような建物があれば伝えておいた方が道に迷うことなくアクセスできます。トラブルの原因によって屋外で完了する作業もあれば、部屋の中に入って修繕しなければならないケースも出てきますので、在宅しているタイミングで業者に来てもらった方がいいです。もし仕事などで留守にする場合には、いつごろまでに戻ってこられるかも依頼するときに伝えておきましょう。
また業者が忙しくて、すぐに急行できないケースも考えられます。その場合、大体どのくらいで到着できるか電話で言われるはずです。その時に自宅にいられるようにスケジュール調整しておきましょう。急行できない時には、業者によっては行ける時間になったら連絡してくれる場合もあります。すぐに出られるように携帯電話の番号を伝えておくとスムーズです。

■費用についても聞いておく
水漏れの修理を依頼する場合、費用がどのくらいかは気になるでしょう。そこで連絡した際に、概算で構わないのでどのくらい必要かは聞いておいた方がいいです。どこがどのように故障しているかを伝えれば、専門の業者ならおおよそどのくらいの料金になるか把握しているはずです。お金を準備する意味でも、金額は正式依頼する前に聞いておくべきです。
またインターネットなどを利用すれば、種類別の修理費用の相場について紹介しているサイトも見かけます。こちらの相場と比較して、妥当な金額提示かどうかも概算を聞いておけば現場に来る前に確認できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ