蛇口の水漏れの原因と修理方法

■蛇口から水漏れする原因

蛇口からポタポタと水漏れをしてしまうことがあります。蛇口はシングルレバー混合栓と2ハンドル混合水栓などの種類があり、それぞれで原因は異なります。
シングルレバー混合栓は最近多く採用されているタイプです。一つのレバーでお湯もお水も出せるタイプであるため、動作が多くパーツにダメージが加わることが多いので、それが原因で水漏れを起こします。ほかにもレバーの胴体から水が漏れてくる場合は、カートリッジの不具合が考えられます。
それに対して2ハンドル混合水栓は、ハンドルを使うことで蛇口にあるパッキンの劣化が原因として考えられます。水漏れが起こる場所によっては、ほかの部分のパーツの劣化もあります。どのケースでもパーツの劣化や不具合が原因の場合には、パーツの交換を自分で行うことで修理が可能です。

■シングルレバー混合栓の修理方法

シングルレバー混合栓の水漏れの原因となるカートリッジは、自分で交換をすることができます。カートリッジ以外にも水道修理には必要な工具が色々とあります。ほとんどのものがホームセンターで購入可能ですので、作業をする前に用意しておきましょう。ただし、カートリッジは種類が豊富にあります。蛇口によって取り付けられるものが決まっていて、ホームセンターに取り扱いがない場合もあります。自宅の蛇口に合うものがないときには、取り寄せをしたり、修理業者に依頼することになります。
交換作業は決して難しいものではありません。しかし水道のパーツはどれもとても細かく繊細です。無理に動かしたり固定したりするとより一層水漏れを起こすこともあるので、丁寧かつ慎重に作業することが大切です。
カートリッジを交換しても水漏れが治らない場合には、ほかのトラブルが考えられます。自分で原因が見つけられないときは、業者に来てもらい修理をしてもらいましょう。

■2ハンドル混合水栓の修理方法
2ハンドル混合水栓の水漏れの主な原因は、蛇口の内部にあるパッキンが劣化したり破損したりすることです。その際の修理としては、パッキンを交換して元の状態にすることが一般的です。パッキンは様々なサイズがあるため、間違えて購入しないためにも、最初にパッキンを外し同じものを購入するようにするのがおすすめです。パッキン以外にもドライバーやモンキーレンチなどの工具が必要なので、手元にない場合には合わせて用意しましょう。
パッキンを交換しても水漏れが止まらなかったり、さらに水が漏れるようになったりした場合には、ほかのトラブルや修理中に不具合を起こした可能性があります。業者にみてもらって必要な修理や部品交換をしてもらう必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ